ネコさん保護?の道のり
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


姉さん、事件です!
2010年08月05日 (木) | 編集 |

小さい事件発生です。


うちには小さい人間がいます。
朝起きる時は、大抵笑顔です。
今日ももちろん笑顔で起き・・た・!!?

!!?


顔の、左のほっぺに5cm程の切り傷が!

かわいいヤクザみたいになってるよ!

自分で引っかくほど爪は長くないし、
ベッドで毎晩追いかけっこして取っ組み合って、大きい人間の足の裏にジャレつく、尖った爪を持つ小さい生物を知ってるよ!
2生物のうち、どちらなのかは分からないけれど・・・。


というわけで、今回は血も出ず、本人も笑顔でいられる位痛みもなかったようですが、
家の構造上、猫が来ない場所で寝るのは無理なのでちょっと困るな、と悩んでいる訳です。


そういえば、以前こんな出来事が・・・。

ミケミさんは10歳を超えていたでしょう。
おもちゃであやしてもチラ見するだけで、飛び付くことが無くなっていました。
しかし、たまーにダッシュしていました。

ある朝、ミケミが大フィーバー!
地面を踏み切り、次の着地はベッド・・・の予定だったんでしょう。
しかしベッドには私が寝ていました。

着地点は・・・私の鼻と口の間の何て言うんでしょう。上唇の延長・・・まぁ鼻の下です。

スピードに乗った成猫の全体重が私の鼻の下に(☆_☆)
そして爪をたてて走り去りました。

確か土曜日。
朝寝坊しようと思っていた日の早朝に、激痛と血の味で起きたんでした。

で、私の取った「急ダッシュの対応策」!
運動会を始めたら、布団に潜る、または、うつぶせになる・・・

どちらも、小さい人間には難し過ぎる・・・



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。